バイオエタノールストーブ

煙突を設置する必要がなく、設置場所は思いのまま。
マンションやアパートにも気軽に設置することが可能です。

火のある暮らしの新しいカタチ

バイオエタノールストーブとは、その名のとおりバイオエタノールを燃料とするストーブ(暖炉)のこと。バイオエタノールの原料はトウモロコシやサトウキビなどの植物です。煙と煤が出ないため、煙突を設置する必要がなくマンションでも設置できます。伝統的な暖炉のデザインからアウトドアでも使えるコンパクトなものまで、「火」をインテリアの一部として楽しめることがバイオエタノールストーブの大きな魅力です。バイオエタノールの美しい炎は、暖かさと癒しを与えてくれます。

バイオエタノールストーブ

<セラミックコア>による信頼の安全性

特許取得済みのセラミックストーンを使用したターマテックのバイオエタノールストーブ(セラミックバーナー)は、様々な場面で活躍します。バーナーのセラミックコアはバイオエタノールを吸収し徐々にガス化します。吸収された燃料は外に溢れることはありません。これにより非常に安定的に経済的な燃焼が可能です。市場にある他製品と比較して最大50%の燃料節約になります。ステンレススチールで覆われたセラミックコアを持つこのバイオエタノールストーブは一生涯使い続けられるよう設計されています。既存のストーブに代わる選択としてバイオエタノールストーブはいかがでしょうか。

特許技術であるセラミックストーン